脱肛の起こる原因と治療法について

脱肛とは肛門粘膜脱とも呼ばれ、肛門や直腸の下の方の粘膜が肛門の外に出る病気です。
脱肛のは内痔核が進行したものが多く、出産時や排便時の力み、力仕事によって発症します。
はじめのうちは肛門の外に出た内痔核は自然に中に戻ることが多いですが、症状が進行してくると手で戻さなければならなくなります。
さらにひどくなると常に内痔核が肛門の外に出たままの状態となり、激しい痛みや細菌の感染、発熱などの症状が現れることがあります。
脱肛に気が付いたら肛門の周りを清潔に保ち、括約筋を引き締める運動をしたり刺激物やアルコールなどの摂取を控えることが効果的です。
医療機関に受診すると初期の脱肛であれば座薬や塗り薬でが処方され、症状が進行している場合は外科的治療が必要となります。
外科的治療としては肛門の外に出ている粘膜部分をゴム輪で結紮したり切除したりする方法があります。
また、肛門の締りに問題がある場合はリングを挿入して締めることで根本的に治すことが出来ます。